ヘルペス性口内炎の治し方

一般的に口内炎と呼ぶもののように口内が赤く腫れた上に、発熱まで伴ってしまう辛いヘルペス性口内炎。非常に我慢しがたい痛みを伴うヘルペス性口内炎は悪化すると重い症状になってしまうため注意が必要です。

ヘルペス性口内炎の原因と治し方

ヘルペス性口内炎は0歳から3歳ぐらいまでの子供がかかりやすい病気の1つです。
ヘルペス性口内炎は単純ヘルペスウイルス1型というウイルスによって感染します。
このウイルスに1度でもかかったことがある人は、生涯にわたりヘルペスウイルスが目の奥にある三叉神経に潜伏し続けます。
大人の50%以上がウイルスを保有しているといわれています。
このためウイルスを持っている家族から子供に感染したことが原因となる場合がみられます。
口移しで食べ物を与える、水ぶくれが出来ているところに触れたタオルや食器等が感染源となります。
ウイルスに感染すると高熱が出て口や喉の痛みを伴います。
口の中には水ぶくれができ、歯茎が腫れます。
水ぶくれが潰れると潰瘍になってしまいます。
とても痛いので食べ物を摂ることが出来なくなり点滴が必要になる場合があります。
症状が治るまで1週間ほどかかります。
治療方法として内服薬の抗ヘルペスウイルス薬や鎮痛薬、解熱剤を用います。
症状が出たら早急に病院での受診が必要です。
水ぶくれがある部分を触った手で目を触ると目にウイルスが感染して、角膜ヘルペスとなることがありますので触れないように気をつけましょう。
ヘルペス性口内炎が治った後に期間をあけてから口の周囲に水ぶくれができる口唇ヘルペスとして再発することがあります。
ウイルスの感染によって急性脳炎を発症して、けいれんや意識障害をおこす可能性があまりますので注意が必要です。
ウイルスを保有している人は体力が衰えていたり、疲れていたりする時に症状がでるケースがありますから規則正しい生活を送るようにして下さい。
ウイルスは接触感染するので学校や保育園等は症状が治まるまではお休みにしましょう。

■ヘルペス治療薬バルトレックスについて
ヘルペスは早めの治療と予防が大切
■淋病、クラミジア治療には
クラビットのジェネリックがおすすめ
■クラビットのジェネリック医薬品
レボクイン
■カンジダは性行為によって感染する性病とは違います
カンジダの治し方