一般的に口内炎と呼ぶもののように口内が赤く腫れた上に、発熱まで伴ってしまう辛いヘルペス性口内炎。非常に我慢しがたい痛みを伴うヘルペス性口内炎は悪化すると重い症状になってしまうため注意が必要です。

ヘルペスの腫れの見分け方について

ヘルペスと口角炎は症状がよく似ていることからよく間違われる疾患です。冬場などにになったときは乾燥が原因かとリップクリームを塗りたくることもあるでしょうがそれだけではなかなか治りません。
そのほかによく似た病気として薬疹や接触性皮膚炎がありますが、こちらはアレルギー反応の一種なのに対し、口角炎とヘルペスは真菌やウイルス感染によるものです。

ヘルペスと口角炎は違う病気なので似た症状でも違いはいくつもあり、見分け方もあります。

口角炎とヘルペスの見分け方の1つ目は症状が出る場所です。口角炎はその名のとおり唇の端(口角)にひびやただれ、かさぶたができるため口を開けると痛みが走ります。一方、ヘルペスは唇の周囲が赤く腫れて水泡ができます。痛みを伴うだけでなく、ひとによっては発熱やだるさを伴うこともあります。ただ、およそ1週間ほどするとかさぶたになり自然に治っていきます。

原因も異なり、口角炎は皮膚に常在している真菌の一種が感染してかぶれを起こすのも原因です。ビタミンBが不足しているときにもかかりやすいのでビタミンB不足や病中病後などの免疫力が低下しているときになる可能性が高いです。
ヘルペスはヘルペスウイルスの感染が原因です。1度かかってしまうと再発の可能性が高いので、免疫力が低下したときなどなる可能性があります。もしなった場合はマスクを着用したりタオルを共用しないようにして家族への感染を防ぎましょう。腫れた患部にさわらないようにし、清潔に保つことも大切です。

どちらも誰にでもなる病気です。重い病気というわけではありませんが腫れや痛みなどの症状があるのは不快なものです。見分け方を知ってそれぞれに合った予防法を考えましょう。